• ホーム
  • 低用量ピルは、避妊以外のメリットが豊富にある!

低用量ピルは、避妊以外のメリットが豊富にある!

薬を口に入れている人

低用量ピルは、規則的に服用していれば、ほぼ100パーセントに近い、すぐれた避妊効果を発揮することができる医薬品であり、女性にとってはなくてはならないものといえます。
この避妊というメインの効果に対して、医薬品としての承認そのものにはかかわらないものの、実際には他にも身体に対してプラスの効果があらわれることがあり、これを副効用と呼んでいます。
婦人科などのクリニックのなかには、避妊という効能に加えて、この副効用のメリットを意識して、処方をするところもあるようです。
低用量ピルの副効用としてまず知られているのは、体内のホルモンバランスを安定させるというものです。
低用量ピルであるマーベロンやトリキュラーには、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンのかわりをする合成物質が含まれているため、これを毎日服用することで、しぜんと体内のホルモンの量が一定となり、ホルモンバランスが調整されることになるというわけです。
その結果として、はげしい生理痛が軽減されたり、生理不順が改善されたり、生理前だけ気分が重かったり、腹痛などの症状になやまされるという月経前症候群の症状が緩和されたりといった、うれしいメリットがあるのです。
そのほかにも、卵巣がんにかかるリスクを低減させたり、子宮体がんにあるのを予防したりといった、女性に特有のがんに対して影響を与える副効用というのも知られており、こうしたものは短期間の服用か、それとも長期間にわたる服用かによっても、効果のほどが違ってくるということもわかっています。
さらには、ホルモンバランスがととのうことによって、顔などのニキビ、肌荒れが起こりにくくなるといった副効用にも期待がもたれているところです。

関連記事