• ホーム
  • 低用量ピルは月に換算するとどれくらい費用がかかる?

低用量ピルは月に換算するとどれくらい費用がかかる?

考え込んでいる女性

少しでも確実な避妊効果が欲しい場合、低用量ピルを選択する人も多いでしょう。
低用量ピルとは、名前の通り低い濃度の成分を配合したピルのことで、医師の指示通りきちんと服用すればほぼ100%の避妊効果を得ることができます。
成分の濃度が低いため、女性の体への負担が少なく、頭痛や吐き気といった副作用の発生を抑えたり症状が軽くて済むというメリットがあります。
低用量ピルは効果も高く、注意点としては飲み忘れをなくすということだけの手軽な避妊法なので若い世代にも手を出しやすいものです。
ただ、国内でピルを手に入れるには婦人科で医師の診察を受ける必要があります。
数ヶ月分まとめて処方してくれるクリニックもありますが、基本的には毎月通って診察や健診を受け、1月分ずつ処方してもらうことになります。
こうなると気になるのが、月にいくらくらい費用がかかるのかということでしょう。
具体的には、まず処方してもらうために病院にかかる費用が必要になります。
診察料は1000円程度で済むことがほとんどですが、初めて受診するクリニックの場合には初診料が2000円から3000円ほどかかることもあります。
また、ひと口にピルと言ってもメーカーごとに様々な商品が販売されており、クリニックがどの銘柄を使っているかによって費用も異なります。
ピルの代金はクリニックが自由に決めることができるため、1000円のクリニックもあれば4000円近くする場合もあります。
診察台と合計すると、約2000円から7000円ほどとクリニックによってかなり費用に差が出ます。
もしピルを使いたいと思っている場合は、まず近所のクリニックに診察代金やピルの料金などを問い合わせてから決めると良いでしょう。

関連記事