お知らせ
大きな錠剤

低用量ピルは、女性がみずから選択をして避妊ができるという意味で画期的な医薬品で、わが国でもしだいにその有用性が認められてきています。
低用量ピルにも種類があり、マーベロンやトリキュラーといったピルがあります。
マーベロンは病院などでも処方されていますが、近年では個人輸入サイトでも購入することができます。
マーベロンで排卵抑制できるので避妊の効果がありますが、その他にも生理痛や生理不順の改善もできるピルとなっています。
また、女性特有の卵巣癌の予防としても使用可能となっています。
ただし、マーベロンを卵巣癌の予防として使用する際は必ず医師の指示に従って使ってください。
種類の多い低用量ピルは、基本的には1日に1錠ずつを飲むことによって、成分として含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンのはたらきをする物質によって、体内のホルモン濃度が一定に保たれるようになり、その結果として、性行為があっても妊娠をしないような体になるのです。
ただし、この低用量ピルを服用した際には、ある種の副作用が発生する場合がありますので、いちおう確認をしておいたほうがよいといえます。
具体的にどのような副作用があるのかですが、多いものとしては、吐き気、嘔吐、頭痛、下腹部痛、不正出血などといったものが挙げられます。
これらは症状としてはそれほど重いとまではいいきれないものですが、吐き気などは人によっては不快で耐え難い場合もあります。
こうした吐き気などの症状については、基本的に低用量ピルを飲み始めの時期におこりやすいもので、数日から数週間程度もすれば、しだいにおこらなくなるものといえます。
いっぽう、タバコをむやみに吸っているような女性については、血栓症の副作用についても気をつける必要があります。
これは血液のかたまりが血管をふさいでしまうという症状であり、場所によっては肺や脳といった重要な臓器に至る血管が阻害されてしまうことがありますので、重い副作用に含めるべきものといえます。
通常、低用量ピルを産婦人科などで処方されるにあたっては、事前の問診があり、タバコをどの程度吸っているかなどについても申告させられるはずでのすので、副作用防止のため、医師の指示にしたがったほうがよいでしょう。
また、普段から服用して避妊を可能にするピルの他にも、性交後に服用するだけで避妊が可能なアフターピルというものも存在します。
そのアフターピルの中でも有名なのがアイピルです。
アイピルはノルレボと呼ばれるアフターピルのジェネリック医薬品で、避妊に失敗した後でも、24時間以内に服用すれば95%の確立で避妊が成功すると言われています。
避妊に失敗したらアイピルを服用するようにしましょう。
普段から服用する低用量ピルと、もしものときのためアイピルの両方を持つようにすることで避妊への不安は解消されるでしょう。

記事一覧

女性特有の症状で苦しんでいる方はピルを服用してみるのも1つの方法です。 月経サイクルが整わない、痛み...

低用量ピルというのは、避妊を主たる目的としてつくられた錠剤であり、中身としては、黄体ホルモンと卵胞ホ...

笑顔の美人

低用量ピルは、避妊を効果効能とする医薬品であり、毎日1錠を1回だけ服用することによって、女性の側が主...

様々な飲み薬

低用量ピルは、エストロゲンなどの女性ホルモンを含んだ錠剤を服用することで体内のホルモン量をコントロー...

薬を口に入れている人

低用量ピルは、規則的に服用していれば、ほぼ100パーセントに近い、すぐれた避妊効果を発揮することがで...

考え込んでいる女性

少しでも確実な避妊効果が欲しい場合、低用量ピルを選択する人も多いでしょう。 低用量ピルとは、名前の通...